食品 , 調味料 , みりん , 本みりん,最上白味醂,591円,wars.org.au,(千葉)最上白みりん,馬場本店酒造,600ml,/indweller1712751.html 食品 , 調味料 , みりん , 本みりん,最上白味醂,591円,wars.org.au,(千葉)最上白みりん,馬場本店酒造,600ml,/indweller1712751.html 千葉 最上白みりん 生まれのブランドで 600ml 馬場本店酒造 最上白味醂 591円 (千葉)最上白みりん 600ml 馬場本店酒造 最上白味醂 食品 調味料 みりん 本みりん 591円 (千葉)最上白みりん 600ml 馬場本店酒造 最上白味醂 食品 調味料 みりん 本みりん 千葉 最上白みりん 生まれのブランドで 600ml 馬場本店酒造 最上白味醂

千葉 最上白みりん 出産祝い 生まれのブランドで 600ml 馬場本店酒造 最上白味醂

(千葉)最上白みりん 600ml 馬場本店酒造 最上白味醂

591円

(千葉)最上白みりん 600ml 馬場本店酒造 最上白味醂



 佐原は江戸時代を通じて日本最大の川港で、物資の集散地であり、「佐原名物お酒に醤油、味醂に奈良漬島の瓜」と醸造業が盛んなことがうたわれており、日本列島の実測地図を完成させた伊能忠敬先生(1745~1818)の伊能家も酒造りをしていました。当店の『最上白味醂』は、江戸時代後期より造り始め、現在に至るまでその製法、味を守り続けている、今では数少ない旧式の手造り味醂です。昔は米を精米するのが大変な作業で、精白の高い”もち米”を使用した味醂を「白味醂」、精白の低い米を使用した味醂を「赤味醂」といいました。毎年11月から翌年3月末にかけて、地元農家と契約栽培した有機肥料使用の新米”もち米”を蒸し、手作業で”こうじ米”と混ぜ、米焼酎をベースにしてタンクに投入し仕込みます。。”もろみ”の日数は清酒より長く55日間でこの間、旧式味醂特有の深みのある甘さを出すためタンクを炭火で保温し続けます。その後酒袋で搾り(粕は板状の味醂粕となり”こぼれ梅”といいます)”澱下げ”後、ビン詰めにして出荷します。味醂が作られ始めた頃は、女性や子供に喜ばれた甘味酒、特に夏の暑気払いとして大いに飲まれていました。たいていのビタミン類が麹(こうじ)から溶け出しており、夏負け防止の総合ドリンクとなっていたのでしょう。現在、販売は地元消費が主で、ご家庭はもちろん、昔からのそば屋さん、うなぎ屋さん、料理屋さんに愛用され、どうぞ、旧式味醂の特徴である穏やかな香りと自然な甘み、濃厚なうまみを生かして、いろいろなお料理にお使い下さい。健体康心いわゆる健康には、自然な食事がおおいに大切だと思います。

(千葉)最上白みりん 600ml 馬場本店酒造 最上白味醂